/

熊本地震5年、被災地で追悼式 400人超なお仮設暮らし

(更新)
熊本地震の発生から5年を迎え、熊本県庁で開かれた追悼式。参列者は新型コロナウイルス感染防止のため間隔を空けて着席した(14日午前)=共同

熊本、大分両県で計276人が犠牲となった2016年4月の熊本地震は14日、最初の激震「前震」から5年を迎え、熊本県庁で追悼式が開かれた。熊本では今なお418人(3月末時点)が仮設住宅で暮らす。インフラの復興が進み、多くの人は再建した自宅や災害公営住宅に移った。一方で被災した高齢者らの孤立を防ぎ、生活支援や見守りをどう続けていくかが課題となっている。

追悼式では、遺族を代表し、父親(当時83)を亡くした嘉島町の冨岡謙蔵さん(58)が「あの日の悲しみの記憶は決して消えない。多くの方の優しさと支えがあり、私たち家族の今がある」と感謝を述べた。

式典は新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に引き続き参列者を制限。遺族や蒲島郁夫知事ら35人ほどが黙とうした。蒲島氏は式辞で「最後の一人が再建を果たすまで支援を続ける。経験を語り継ぎ、国内外の防災、減災につなげることも重要な責務だ」と述べた。

16年4月14日夜の前震、同16日未明の「本震」と、観測史上初めて最大震度7を2回記録した益城町では献花台が設置された。

地震では、両県で住宅計約4万3千棟が全半壊し、仮設住宅に住む人は一時4万7千人を超えた。JR豊肥線の肥後大津―阿蘇間が昨年8月に復旧、崩落した阿蘇大橋も架け替えられ、3月に開通。熊本城は「復興のシンボル」となった天守閣の修復が終わり、26日から内部公開が始まる。〔共同〕

家族救った亡き父の木 造園継承「復興に力」


おやじに救われた命、決して無駄にしない――。熊本県嘉島町の冨岡謙蔵さん(58)は、5年前の熊本地震で自宅が全壊し、同居の父、王将さん(当時83)を失った。家族6人を救ったのは王将さんが50年以上かけて育てた松とカシ。崩れかけた2階建ての家を2本の木が支えた。王将さんが起こした造園業に励む一方、熊本の復興を支えてくれた人々に感謝を示そうと14日の追悼式で遺族代表を引き受けた。
熊本地震の追悼式で、遺族代表の言葉を述べる冨岡謙蔵さん(14日午前、熊本県庁)=共同
式では「ふるさと熊本が元気な姿を取り戻すことができるよう、力を尽くす」と決意を語った。
2度目の激震が襲った4月16日未明、1階で就寝中、暗闇の中でごう音が響き、小学生だった息子たちにとっさに覆いかぶさった。つぶれた天井と床のわずかな隙間のおかげで助かり、母や2階で寝ていた妻も無事。1階の寝室にいた王将さんに何度も声をかけたが、返事がなかった。
夜が明けてからわが家を見ると、玄関先の松とカシの木が、崩れかけた家全体を梁のあたりで辛うじて受け止めていた。王将さんが50年以上前に植え、毎年手入れを欠かさなかった木だ。木がなければ、家族全員が押しつぶされていたかもしれない――。地震に耐え、力強く立つ2本の木。「おやじ1人が犠牲になり、俺たちを守ってくれた」。涙が止まらなかった。
冨岡さんは30歳を過ぎてから王将さんの下で造園業を学び始めた。「腕利きと評判で昔かたぎ。こっちは見よう見まねだった」と振り返る。
王将さんは仕事を冨岡さんに任せ、農業や孫の世話で充実した日々を送っていたが、地震がそれを奪った。
造園の道具は無事で、仮設住宅に身を寄せながら仕事に励んだ。2年と少し後には元の場所に自宅を再建。命を救ってくれた2本の木を大切に育てている。冨岡さんは「あっという間の5年だった。家族が頑張る姿を見守って」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン