/

この記事は会員限定です

神戸の復興教訓に、等身大で再建 宮城・女川の商店街

阪神大震災26年

[有料会員限定]

6434人が犠牲となった阪神大震災から17日で26年となった。神戸市長田区の再開発事業で整備された大型商業ビルは、かつてのにぎわいを取り戻すことができなかった。これを復興の教訓としたのが東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町の商店街だ。「過ちを繰り返すな」。思いを託された商店街は「身の丈に合った」復興を進めている。

宮城県女川町のJR女川駅から海岸に向かって続く商店街「シーパルピア女川」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン