/

この記事は会員限定です

「第4波」察知へ新指標 大阪府、若者の感染動向注視

(更新) [有料会員限定]

大阪、京都、兵庫の3府県の緊急事態宣言が2月末で解除されることが決まった。しかし、3~4月は就職や入学、卒業などで人の移動が盛んになるシーズンで「第4波」が懸念される。大阪府は若い世代の感染増加が4日以上続いた場合に感染が広がる傾向に着目。新指標として公表を始めた。感染拡大の兆候を察知できれば、早い段階で府民に注意喚起できると期待する。

「20代、30代の新規陽性者がぐっと増えた後、波になる可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン