/

この記事は会員限定です

生活保護引き下げ訴訟で原告敗訴、京都地裁判決

[有料会員限定]

国が生活保護費を2013~15年に引き下げたのは生存権を保障した憲法に違反しているなどとして、京都府内の受給者約40人が国と自治体に減額処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決で、京都地裁は14日、原告の請求を退けた。

原告弁護団によると、同種訴訟は全国29カ所で起こされており、京都地裁判決は5件目。これまでの4件のうち、21年2月の大阪地裁判決は減額決定を違法と判断し、処分を取り消した。これに対し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン