/

この記事は会員限定です

大学のコロナ対策課題 検査技師不足、アプリ普及も途上

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの「第3波」が続く中、秋から対面授業を再開させた大学で感染防止策が課題になっている。関西の大学ではクラスター(感染者集団)の発生が相次ぎ、PCR検査センターの開設や国の接触確認アプリの導入など対策をこらす。ただ検査技師の不足やアプリの普及率など運用面のハードルも浮かぶ。

春にクラスターが発生した京都産業大(京都市)は約3500万円を投じて「PCR検査センター」を新設し、11月末に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン