/

この記事は会員限定です

「出社が怖い」持病ある人、高まる不安 新型コロナ

在宅勤務の利用低調、「コロナ慣れ」も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者数が高止まりする中、基礎疾患(持病)を抱える人の間で出社への不安が高まっている。政府は大阪府などに緊急事態宣言を再発令したが、「第3波」では無理のない範囲で在宅勤務をやめ出社を継続する企業も少なくない。糖尿病などの持病がある患者はコロナ感染時の重症化リスクが高いとされ、専門家は「業務の円滑な運営と感染防止策の両立は経営者の責務だ」と話す。

「在宅勤務を可能な限り徹底してほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン