/

この記事は会員限定です

高齢者施設のクラスター、止まらぬ大阪 病床逼迫の要因

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、各地で高齢者施設のクラスター(感染者集団)発生が止まらない。特に多いのが大阪府で、ここ2週間で確認されたのは20施設を超え、10月上旬までの約4カ月間の発生件数を上回った。重症患者の増加や病床逼迫の要因ともなっている。専門家は地道な感染防止対策の積み重ねが重要だとしている。

「施設側は警戒を強めているはずなのに……」。大阪府のコロナ対策の担当者は戸惑い気味に話す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン