/

著名アスリート、聖火運ぶ 瀬古さん「開会式を想像」

(更新)

東京五輪の聖火リレーが7日、7県目の三重で始まった。男子マラソン元日本代表の瀬古利彦さん(64)=同県桑名市出身=ら、かつて世界の舞台で活躍した著名アスリートが力走を見せた。

第1走者を務めた瀬古さんは「7月23日の東京五輪開会式でともされる聖火を想像して走った」と振り返り、「新型コロナウイルス下で閉塞感が強まっている。聖火でコロナを吹き飛ばしてもらいたい」と力を込めた。

スタート地点となった四日市市の博物館前には、平日にもかかわらず多くの見物客が集まった。新型コロナ感染症対策のため、警備員らが密集した状態にならないよう繰り返し呼び掛けたが、瀬古さんに並走する人も見られ、場所によっては身動きが取れないほど混雑した。

サッカー元日本代表の小倉隆史さん(47)は鈴鹿サーキット(鈴鹿市)のレーシングコースを走り「気持ち良かった」と満足そうに話した。午後は、レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(38)が出身地の津市を走る。

三重県でのリレーは8日まで続く。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン