/

漫画村元運営者に懲役4年6月求刑 著作権法違反事件

(更新)

人気漫画をインターネット上に無断で公開した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)を巡る著作権法違反事件で、同法違反と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の罪に問われた元運営者、星野路実被告(29)の公判が7日、福岡地裁であり、検察側が懲役4年6月、罰金1千万円、追徴金約6200万円を求刑し、結審した。判決は6月2日。

検察側は論告で「他人が努力して作ったコンテンツを掲載し、報酬を得ようとした。自己中心的な犯行だ。著作権者の利益だけでなく文化の発展も害し、結果は重大だ」と指摘した。

弁護側は最終弁論で、一部の漫画の画像データは、漫画村ではない他のサイトが公開していたものだとして「法律違反には当たらない」などと主張。収入を隠していないとも述べた。

起訴状によると、2017年5月、集英社の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」と「キングダム」の画像データをサーバーに保存し、無断でネット上に公開。16年12月~17年11月には、漫画村運営で得た広告収入約6200万円を自身が管理する海外口座などに入金させ、犯罪収益を隠したとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン