/

この記事は会員限定です

関西、緩み警戒 出張抑制も繁華街で増

人出データ分析

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染状況が関西でも急速に悪化している。スマートフォン(スマホ)の位置情報を基にした人出データを分析すると、大阪や京都、兵庫の主要駅周辺は府県外からの流入が減少し、出張などの往来が抑制されつつある。一方、繁華街では新年会シーズンで人出が増加するなど緩みの芽もみえる。

7日のJR新大阪駅(大阪市淀川区)の構内は人影がまばらだった。新幹線で出張するという広告関係の男性会社員(40)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン