/

この記事は会員限定です

通勤時間の人出、大阪駅3割増 昨春比 京都は6割増

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で一時抑制されていた通勤時間帯の人出の増加が、大阪、京都で目立つ。スマートフォンの位置情報を基に調べたところ、JR大阪駅(大阪市)周辺の4日朝の人出は昨春に比べて3割、JR京都駅(京都市)は6割多かった。テレワークが十分に浸透していないことも一因とみられ、職場や電車内での感染リスクには注意が必要だ。

スマホの位置情報から推計人口を算出するソフトバンク系のアグープ(東京・渋谷)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン