/

大阪府知事「首都圏と往来自粛」要請へ 緊急事態宣言で

記者団の取材に応じる吉村知事(4日午後、大阪市)

大阪府の吉村洋文知事は4日、新型コロナウイルスの感染が拡大する首都圏に緊急事態宣言が発令された場合、大阪と首都圏の往来自粛を府民に求める考えを示した。大阪市内で記者団の取材に応じた。

菅義偉首相は4日の記者会見で、新型コロナの感染再拡大を受け、緊急事態宣言の再発令を検討すると表明した。対象は東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県となる方向で、吉村知事は「緊急事態宣言が出れば、首都圏との往来は自粛を強く要請したい。東京と大阪を行き来するビジネスマンも多いと思うが、リモートワークでやっていただきたい」と述べた。

一方、大阪府を対象とする緊急事態宣言について、吉村知事は「(感染者数が)東京のような右肩上がりになれば同じような対応が必要になってくるが、急拡大をなんとか抑えつつある」と述べ、現段階で国に発令を要請する考えはないとした。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン