/

「総合区」案 2月議会提出見送り 松井・大阪市長

(更新)
報道陣の取材に応じる松井一郎市長(大阪維新の会前代表)(3日、大阪市役所)

「大阪都構想」の代案として大阪市内24区を8区に再編する「総合区」案を巡り、松井一郎市長(大阪維新の会前代表)は3日、2月議会への条例案提出を見送る方針を明らかにした。時期尚早とする公明党に配慮する一方、都構想のもう一つの代案である、大阪市の広域行政の一部を大阪府に一元化する条例案への賛成を求める考えとみられる。

維新は市議会で過半数を握っておらず、公明に協力を求めていた。松井氏は3日、記者団に対し、公明と2日に協議したと説明。「本来なら(かつて総合区制度を主張していた)公明党が旗を振る立場になるが、議会での議論は時期尚早なので取り下げてくれということだった」と述べた。

総合区制度は区長の権限を強化し、地域の実情に即した住民サービスを提供するのが狙い。地方自治法改正で2016年4月に政令指定都市で導入が可能になったが、実際に導入された例はない。24区を4特別区に再編するとした都構想が20年11月の住民投票で否決されたため、松井氏が導入を主張。10日開会の2月議会での条例案提出を目指していた。

公明が慎重である背景には支持層の強い反発がある。公明はもともと都構想に反対で、総合区制度の導入を主張していた。19年5月に都構想賛成に転換したが、支持層には都構想や維新への反発が残っている。公明関係者は「支持者の間には、住民投票が終わったばかりなのに、また維新に迎合するのかという声がある」と明かす。

松井氏は総合区制度の導入を進める方針については「変わりません」と述べた。5月以降の条例案提出をめざすとみられる。

総合区「合区」が壁に 政令市、過去に2例だけ

大阪市が「大阪都構想」の代案として導入を目指す「総合区」制度について、2月市議会への提出が見送られることになった。最大のハードルは複数の区を統合する「合区」。住居表示が変わるなど住民への影響は大きく、政令市では過去2例。提案から17年かかったケースもある。

1月15日、大阪市内の雑居ビルに、総合区導入を目指す大阪維新の会と公明党の幹部6人が集まった。維新幹部が協力を求めたのに対し、公明幹部は「合区は簡単ではない」と慎重な口ぶり。維新側は「住民説明はしっかりする」と応じた。

総合区制度は区長の権限を強化して地域の実情に合った住民サービスを展開しやすくするのが狙い。制度上、合区は必須ではないが、区の業務量が増えれば人件費がかさむため、大阪市のこれまでの議論では合区による行政効率化が必要との意見が出ていた。

政令市では人口増などに伴い行政区が分割される事例は多いが、合区は神戸市(1980年)と大阪市(89年)の2例しかない。神戸市では71年に有識者による調査会が生田区、葺合区の合区を提案してから9年かかった。神戸市史は「区名への愛着、変化に対する漠然とした不安感」などで慎重論が多かったと説明する。

大阪市は1889年に市制度を導入した際に4区から始まり、人口増加に伴い1943年までに22区に増えた。戦後復興や再開発の進展で都市構造が変化し、区ごとの人口格差が拡大。市の審議会が72年、分区と合区を同時に進めるよう提案したが、合区は各種団体や市議会の反発で見送りに。分区のみ行われ、74年に26区に増えた。

提案から17年後の89年にようやく北区と大淀区が合併して新「北区」に、東区と南区が「中央区」となり、現在の24区になった。しかし、それまでの議論では、特に東区と南区の合区を巡って紛糾。「企業や店舗が多い商業の町・東区の信用がなくなる」「ミナミの愛称が失われる」といった意見が双方から噴出し、自治会や商店会によるデモ行進や反対集会が繰り広げられた。

総合区が実現すれば、30年以上ぶりの合区となる。公明党はもともと総合区を主張したが、住民の理解を得るには時間をかけた議論が必要と主張する。自民党と共産党は総合区制度の議論に応じる構えだが「なかなか理解が得られなかった歴史も踏まえて、拙速な合区はすべきでない」(自民市議)と慎重な立場だ。松井一郎市長(維新前代表)は引き続き総合区制度の導入を目指すが、議論が紛糾する可能性もある。(奥山美希)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン