/

この記事は会員限定です

万博ロゴをデザイン、面白がり精神で シマダタモツさん

関西のミカタ アートディレクター

[有料会員限定]

■アートディレクターでグラフィックデザイナーのシマダタモツさん(55)は2025年の大阪・関西万博の公式ロゴマーク選考に応募し、栄冠を勝ち取った。細胞をイメージした躍動感のある赤い輪に、ギョロッとした目玉が5つある奇抜なデザインだ。

5歳の時、1970年万博で「太陽の塔」を見た。「なんじゃこれ」という感じ。普通のもんつくってもしゃあないという覚悟があり、突き抜けた感じがほんまにすごい。小学生の時、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン