/

奈良のシカ死なせた疑い 23歳男逮捕「おの使った」

(更新)

奈良市の奈良公園で2月7日未明、国の天然記念物に指定されている「奈良のシカ」に刃物をたたきつけて死なせたとして、奈良県警は2日、三重県松阪市久保町、とび職、吉井勇人容疑者(23)を文化財保護法違反の疑いで逮捕した。

県警によると「シカと遊んでいたとき、突然車に体当たりしてきたため腹が立ち、殺してやると思って、おのでシカの頭を力いっぱい切り付けた」と供述。体当たりしてきたシカと、切り付けたシカは別だと説明している。シカは車道脇の歩道に倒れていた。

シカは頭に5.4センチの傷があり、一部は脳まで達していた。鋭利かつ厚みのある刃物でできた傷で、死因は失血死。おのは見つかっていない。

逮捕容疑は2月7日午前2時すぎ、奈良公園内で雌のシカ(推定11歳)に刃物をたたきつけ、死なせた疑い。

通行人から「シカがけがをして倒れている」と110番があり、防犯カメラを使った捜査などで特定した。

「奈良の鹿愛護会」(奈良市)によると、奈良公園のシカの頭数は昨年7月時点で1286頭。野生だが、観光客が鹿せんべいをあげて触れ合うことができる。

2010年には奈良のシカがボーガンの矢で死ぬ事件があり、逮捕者が出た。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン