/

この記事は会員限定です

関西主要駅、日曜人出が最大2割増 発令直後との比較で

専門家「気の緩みに警戒を」

[有料会員限定]

大阪、京都、兵庫の3府県では1月末の日曜、緊急事態宣言下でも主要駅周辺で人出が増加した。昨春に初めて宣言が発令された後に人出が減少したのとは対照的だ。飲食店など人の集まる所では昼夜を問わず感染リスクは存在する。専門家は不要不急の外出自粛を改めて徹底するよう求めている。

スマートフォンの位置情報を基に推計人口を算出するソフトバンク系のアグープ(東京・渋谷)の協力を得て、1月31日午後0時台の各駅半径...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン