/

この記事は会員限定です

視覚障害者、細る介助 新型コロナで接触避け

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による社会の変化で、視覚障害者が生活しづらくなっている。接触を避ける意識の高まりで、外出時に誘導や介助してもらえる機会が減少。多くの視覚障害者が働く鍼灸(しんきゅう)院の経営も苦しい。身体障害者手帳を持つ視覚障害者は全国で約32万6千人(2018年度)。当事者は「日常生活にも困ってしまう今だからこそ支援を」と訴えている。

「声をかけてくれる人が減った」。兵庫県視覚障害者福祉協会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン