/

この記事は会員限定です

シンガポール新興タイガー、「データ×人知」AIで革新

機械学習の弱点克服 安価で正確

[有料会員限定]

人工知能(AI)技術を活用した企業向けソフトウエアを手掛けるシンガポールの新興企業、タイガーが注目を集めている。経理や法務部門で必要な書類確認が短時間で済むほか、低コストで正確な点が評価され、金融機関などで導入が進む。カギは機械学習に人の知恵を融合した「ハイブリッド型」だ。年内には北米と日本などで営業体制を整え、世界進出を本格化させる。

スペインの銀行最大手、サンタンデール銀行。ある中小企業が口座...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン