/

米ジャクソンホール会議、対面で開催 8月26~28日

ワイオミング州のジャクソンホール(2019年8月)=ロイター

【ワシントン=共同】米カンザスシティー連邦準備銀行は27日、西部ワイオミング州ジャクソンホールで毎夏開催する恒例の経済シンポジウムを、8月26~28日に対面式で実施すると発表した。各国の中央銀行首脳や著名エコノミストらが参加し、金融政策を議論する。

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で会場となる施設が閉鎖され、オンラインに切り替えた。毎年8月下旬に開くイベントはジャクソンホール会合として知られる。米連邦準備制度理事会(FRB)の議長が講演することが多く、市場関係者の注目度が高い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン