/

この記事は会員限定です

「災害関連死」の議論深めて 早坂義弘氏

 東京都議会議員

[有料会員限定]

いのちを守ることが防災対策の最大の目的だ。こうした観点からすると4月、発生から5年を迎える熊本地震は、防災対策の常識を一変させた。

2011年の東日本大震災では9割が溺死であり、1995年の阪神大震災では8割が圧死・窒息死だった。さかのぼれば1923年の関東大震災では9割が焼死だった。ところが2016年の熊本地震では圧死・窒息死などの「直接死」は2割で、「災害関連死」が8割に上った。

災害関連死と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン