/

森英恵さん死去 96歳、世界的ファッションデザイナー

(更新)

日本のファッションデザイン界の草分け的存在で、パリのオートクチュール(高級注文服)コレクションなどで活躍した世界的な服飾デザイナー、森英恵(もり・はなえ)さんが8月11日、老衰のため東京都内の自宅で死去した。96歳だった。お別れの会を行うが、日取りなどは未定。喪主は長男、顕氏。連絡先は森英恵事務所。

島根県出身。東京女子大卒業後の1951年、東京・新宿に洋裁店を設立。「太陽の季節」など当時全盛期だった日本映画の衣装を数多く手掛け、プレタポルテ(高級既製服)に進出した。

65年、ニューヨークで開いた初の海外コレクションが高く評価され、米国の高級百貨店などに販路を拡大した。このコレクションで作品にあしらったチョウは以後、ブランドのシンボルに。またこのときから、「東洋と西洋の融合」を創作の根源的なテーマに据えた。

77年、パリのオートクチュールコレクションに初参加した。東洋人で初めてパリ・オートクチュール組合の会員になった。

国内ではバルセロナ五輪(92年)、リレハンメル冬季五輪(94年)の日本選手団公式ユニホームや、皇后雅子さまがご成婚時に着用したローブデコルテをデザインした。オペラや能、歌舞伎の衣装も手掛けた。86年には女性で初めて経済同友会会員に選ばれた。

一方「ハナエモリ」ブランドはバブル崩壊後、販売が低迷し、2002年に民事再生法の適用を申請した。04年にパリコレから引退後は「森英恵ファッション文化財団」を設立し、若手の育成などに取り組んだ。

1988年に紫綬褒章、89年文化功労者、96年文化勲章、2002年仏レジオン・ドヌール勲章オフィシエ。

1994年4月、日本経済新聞に「私の履歴書」を執筆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン