/

この記事は会員限定です

デジタル通貨が国際通貨体制の震源に

[有料会員限定]

世界の通貨当局はデジタル化にカジを切っている。背中を押したのが米フェイスブックだ。

同社は2019年6月、デジタル通貨「リブラ(現ディエム)」を発表した。ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)と異なり、ドルなどの法定通貨を裏付け資産にする。世界で約28億人のSNS(交流サイト)ユーザーが使えば「世界通貨」となる可能性があった。

各国当局は金融システムや通貨政策への影響を懸念。「必要な手続きを踏まず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン