/

南ア、ズマ前大統領を収監 法廷侮辱罪で禁錮1年3月

4日に南ア東部ンカンドラの自宅で記者会見したズマ前大統領=AP

【ジュバ=共同】汚職問題を調べる委員会に出席しなかったとして法廷侮辱罪で禁錮1年3月の判決を受けた南アフリカのズマ前大統領が7日夜、警察当局に出頭し収監された。ロイター通信が伝えた。

当初は4日までに収監の予定だったが、前大統領が判決の取り消しを求めて請願書を提出したのを受け、憲法裁判所が一時延期を決定。前大統領に弁明の機会を与えると認めた一方、7日までの出頭を命じていた。

前大統領が設立した財団は7日、「収監命令に応じることに決めた」との声明を出した。

前大統領は、在任中にインド系富豪との癒着疑惑が浮上。汚職調査の委員会は憲法裁副長官がトップを務めており、2月に前大統領に出席を求めたが応じなかったことから、憲法裁が6月末、法廷侮辱罪での有罪を言い渡した。

前大統領は副大統領時代にも兵器購入を巡り賄賂を受け取ったとの疑惑があり、収賄などの罪に問われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン