/

この記事は会員限定です

「ドイツ石炭火力、廃止前倒しも」ドミニク・ムースト氏

ドレスデン工科大学教授

[有料会員限定]

ドイツは2000年に再生可能エネルギー法を導入した。一番効果があったのは、再生エネの買取額を運営開始から20年間保証する固定価格買取制度(FIT)だった。送配電事業者は再生エネの発電所を送電線につながなければならないと法律で定められ、優先的に再生エネの電気を買い取るようにもなった。

およそ4年ごとに制度は見直されてきたが、発電事業者を支援する基本的な設計は変わらない。太陽光発電への補助額は当初のキ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン