/

メキシコ大統領、先住民マヤ人への迫害を謝罪

【ロサンゼルス=共同】メキシコのロペスオブラドール大統領は3日、東部ユカタン半島のキンタナロー州で開いた式典で、16世紀以降のスペイン支配や独立後のメキシコにより先住民マヤ人が受けてきた迫害について謝罪した。地元メディアなどが伝えた。

ロペスオブラドール氏は「3世紀にわたる植民地支配と2世紀にわたるメキシコの時代において、個人や国家、外国勢力が行ってきたひどい虐待を真摯に謝罪する」と述べた。

マヤ文明は紀元前千年ごろから現在のメキシコ南東部やグアテマラなどで繁栄したが、16世紀にスペイン人の侵略により破壊された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン