/

日本はスペイン、ドイツと同組 サッカーW杯抽選会

(更新)

【ドーハ=共同】4年に1度開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の組み合わせ抽選会が1日(日本時間2日未明)、ドーハで行われ、日本はスペイン、ドイツと同じ1次リーグE組に入った。もう1チームは北中米カリブ海とオセアニアの大陸間プレーオフ勝者となった。

参加32カ国・地域のうち出場を決めた29チームが国際サッカー連盟(FIFA)ランキングに基づいて4段階に格付けされ、競技力や地域性が均等になるようA-Hの8組に振り分けられた。

日本は7大会連続7度目の出場となる。過去の最高成績は2002年日韓大会、10年南アフリカ大会、18年ロシア大会で達成したベスト16。カタールでは森保一監督の下、初の2大会連続1次リーグ突破を目指す。

中東初のW杯は酷暑を避けるため異例の冬開催となり、11月21日にアルホルのアルベイト競技場で開幕。12月18日にルサイル競技場で行われる決勝まで8会場で計64試合の熱戦が繰り広げられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン