/

この記事は会員限定です

ミャンマー避難民がインド流入 キリスト教徒ら3万人

[有料会員限定]

【バンコク=マルワーン・マカンマルカール】仏教徒が主体のミャンマー国軍に追われた同国北西部の少数民族が相次ぎ、インドへ逃れている。キリスト教徒が多く、すでに3万人以上が事実上の難民となった。インド政府は避難民の流入を黙認しているが、ミャンマーの「内戦」に巻き込まれることを恐れ、人道支援には慎重な姿勢だ。

複数の人権団体によると、ミャンマー北西部のチン州から隣接するインド北東部のミゾラム州に越境した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン