/

この記事は会員限定です

東南アジア、ハラル対応のコロナワクチン急ぐ 輸出視野

インドネシア、悲願の実用化

[有料会員限定]

東南アジア各国が新型コロナウイルスワクチンの国産化に力を入れている。インドネシアでは10月、国営製薬会社が開発した「ハラル対応」ワクチンの接種が始まった。タイでも地元大学などがワクチン開発を進め、2023年の実用化を目指している。各国とも当初、ワクチン調達が難航した苦い経験があるだけに、独自開発は悲願となっている。

インドネシアのジョコ大統領は10月13日、西ジャワ州の国営製薬ビオ・ファルマの本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1857文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません