/

この記事は会員限定です

中国EV、タイで充電設備を自前整備 シェアじわり上昇

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】日本車が約9割のシェアを占めるタイの新車市場で、中国勢が電気自動車(EV)を軸に存在感を高めている。上海汽車集団はタイにおけるEVの販売シェアが9割に達し、ガソリン車を含めた全体の販売台数が日産自動車を抜いた。中国勢はEV普及の課題である充電器の整備にも取り組み「日本車の牙城」に切り崩しをかけている。

バンコク近郊で1日に一般公開が始まった自動車展示会「タイ国際モーターエキスポ」。ひと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン