/

タイ、バンコクなど店内飲食禁止 入国規制も再強化

バンコクの歓楽街で発生したクラスターから感染が広がった=ロイター

【バンコク=村松洋兵】タイ政府は29日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、行動制限の追加措置を決めた。首都バンコクなど感染者が多い地域で5月1日から14日間、レストラン内での飲食を禁止する。4月1日に緩和したばかりの入国規制も再強化し、入国者全員に14日間の隔離を義務づける。

バンコクや北部チェンマイなど6都県で店内飲食を禁止する。対象地域の飲食店には午後9時まで持ち帰りと宅配に限って営業を認める。政府は4月18日から全土で店内での酒類提供を禁じたが、感染拡大が収まらないため規制を強化する。バンコクで店内飲食が全面禁止になるのは、第1波が起きた20年3月以来だ。

入国後の隔離は4月1日からワクチン接種や陰性証明書の提示を条件に、7日間もしくは10日間に短縮していた。外国から変異ウイルスが流入するリスクが高まっており、3月末までと同じ14日間に戻す。

タイは感染を比較的抑え込んできたが、3月下旬にバンコクのナイトクラブでクラスター(感染者集団)が発生し、英国型の変異ウイルスが確認された。4月中旬のタイ正月(ソンクラーン)に伴う旅行や帰省で、全国に感染が広がった。29日時点の累計感染者数は6万3570人となり、1カ月で2倍超に急増した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン