/

この記事は会員限定です

東南ア新車販売、3月は14%増 6カ月連続プラス

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】東南アジア主要6カ国の3月の新車販売台数は前年同月比14%増の32万9594台だった。前年実績を上回るのは6カ月連続。各国政府による新型コロナウイルス対策の緩和を受け、新車販売の回復傾向が続いた。足元ではロシアによるウクライナ侵攻の影響でインフレが進んでおり、消費を冷やす懸念が出ている。

域内最大市場のインドネシアは16%増の9万8536台で、13カ月連続のプラスとなった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン