/

この記事は会員限定です

タイの伝統薬、コロナで脚光 ハーブ特需で価格10倍に

[有料会員限定]

タイで伝統薬として使われてきたハーブ「ファータライジョーン」の栽培が急拡大している。風邪の症状や喉の痛みを和らげる効果があるとしてタイで古くから用いられてきた植物だが、タイ政府が新型コロナウイルスの軽症患者の症状を和らげるとし、栽培を推奨しているためだ。背景には農家の所得を増やし、ワクチン調達の遅れや経済低迷への不満を抑え込みたい政府の思惑がある。

ファータライジョーンは日本では「センシンレン」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン