/

この記事は会員限定です

東南アジア新車販売、5月は13%増 8カ月連続プラス

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】東南アジア主要6カ国の5月の新車販売台数は前年同月比13%増の約23万8000台だった。前年同月の実績を上回るのは8カ月連続。新型コロナウイルス対策の緩和で新車市場は回復傾向が続いているが、一部の国では半導体不足による生産減少の影響が残る。

域内の主要市場であるタイは16%増の6万4735台で、5カ月連続のプラスだった。経済活動制限や入国規制の緩和がされたことで消費者心理が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン