/

この記事は会員限定です

ラオス国家主席、世界平和の実現に「交渉と妥協必要」

アジアの未来

[有料会員限定]

ラオスのトンルン・シスリット国家主席は27日午後、都内のホテルで開かれた第27回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)でオンライン講演した。ロシアのウクライナ侵攻を念頭に「平和は交渉と妥協によってのみ実現できる」と述べた。

ラオスはウクライナへ侵攻したロシアを非難する国連決議の採択で棄権した。トンルン氏は「我が国は中立を外交の軸としており、どちらの側にもつかない」とする自国の姿勢を強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アジアの未来

日本経済新聞社は5月26、27日の両日、「分断された世界をつなぐ、アジアの新たな役割」をテーマに第27回国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催します。会場参加に加え、オンラインでの聴講も可能です。

第27回 開催概要

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン