/

この記事は会員限定です

タイのクラフトビール、規制に苦しむ 財閥の寡占助長

[有料会員限定]

タイの中小規模のクラフトビール事業者が政府の厳しい規制に苦しんでいる。新型コロナウイルス感染防止の一環で、飲食店内での酒類提供が一時禁止され販路が縮小。タイのビール市場は財閥系大手2社が寡占しており、規制が競争を妨げているとの指摘もある。

2月上旬、首都バンコクの保健省前。男性がたる詰めの生ビールを路上にぶちまけた。非加熱処理のビールは日持ちしない。バンコクではコロナの感染再拡大を受け1月から飲食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン