/

タイ、反体制集会を禁止 コロナ再拡大で

【バンコク=村松洋兵】タイ政府は26日、新型コロナウイルスの感染防止対策として反体制デモを含む全ての集会を禁止すると発表した。タイは感染を比較的抑制してきたが、足元で再拡大しており対策を強化する。若者を中心とするデモ隊が反発する可能性がある。

26日、バンコクの首相府を警護する警察官=ロイター

集会禁止措置はコロナ対策で発令中の非常事態宣言に基づいて命じた。政府は最初に感染が広がった3月に同宣言を出して集会を禁止したが、反体制運動の封じ込めに利用しているとの批判を受けてデモを認めていた。

同宣言の期限は延長が繰り返されており現在は2021年1月15日までだが、政府の判断でさらに延ばせる。

反体制デモは10月以降、軍政の流れをくむ政権退陣や、国王の権限縮小など王室改革を求めてバンコクを中心にほぼ毎週開かれている。デモ隊の主要な指導者は「21年はデモをエスカレートさせる」と予告していた。

タイでは12月中旬にバンコク近郊の水産市場で1000人を超す集団感染が判明した後、各地に感染が広がっている。26日時点の累計感染者数は約6000人となり、10日間ほどで4割も増えた。

政府の報道官は26日の記者会見で「大流行のリスクを考慮して全国で集会を禁止した」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン