/

タイ、8年ぶり貿易赤字 22年輸出最高も燃料輸入増

【バンコク=村松洋兵】タイ商務省が24日発表した2022年の貿易統計によると、輸出額から輸入額を引いた貿易収支は161億ドル(約2兆1000億円)の赤字だった。通年で貿易赤字となるのは14年以来8年ぶり。世界的な需要回復で輸出額は過去最高だったが、原油高で燃料の輸入額が大幅に膨らんだ。

輸入額は21年比13.6%増の3031億ドルだった。原油が6割近く増え、輸入額全体の12.3%を占めた。国・地域別でみると最大は中国からの輸入で、6.7%増の710億ドルだった。産油国のアラブ首長国連邦(UAE)からの輸入は9割増の174億ドルに達した。

輸出額は5.5%増の2870億ドル。工業製品は集積回路(IC)や機械・部品などが伸び4.4%増だった。食料価格の高騰もあり、農産物や加工品が8.8%増加した。国・地域別で最大の輸出先は米国で13.4%増の475億ドル。2位の中国は「ゼロコロナ政策」による需要減の影響で7.7%減の343億ドルだった。

商務省貿易政策・戦略事務局は23年の見通しについて「地政学的な緊張が貿易の障害とサプライチェーン(供給網)のリスクを生み出す可能性がある」と指摘。足元で進行している通貨バーツ高も「輸出の足かせになる」と警戒感を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

 ASEAN

ASEANの最新ニュースや解説をまとめました。
東南アジアではASEAN首脳会議が11月11日開幕、15~16日にはインドネシアでG20首脳会議が開催されるなど、政治イベントが続きます。会議の様子や合意の意義についての解説などをお届けします

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません