/

この記事は会員限定です

ラオスで「一帯一路」鉄道開通 総額6780億円は中国依存

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ、北京=多部田俊輔】東南アジアの小国ラオスで3日、中国の「一帯一路」構想下で建設が進んでいた高速鉄道が開通する。近代化が遅れていたラオスにとって初の本格的な鉄道で、市民は歓迎ムードに沸く。総工費が国の国内総生産(GDP)の3割強に上る同国最大級の事業が完成し、中国のラオスに対する影響力は強まる。

2日にはラオスの首都に新たに建設されたビエンチャン駅で開通式が開かれた。オレン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1523文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン