/

タイ、元ミス・ミャンマーの入国拒否 過去に政変批判

【バンコク=村松洋兵】タイの入国管理局は22日、ミスコンテストの元ミャンマー代表の女性、ハンレイさんの入国を法律に基づいて拒否したと明らかにした。ハンレイさんはミャンマー国軍が2021年2月に実行したクーデター後に、タイで開催したミスコンテストに参加し、ミャンマー国軍を批判する演説をして注目を浴びた。

英BBCの取材に応じたハンレイさんの話によると、21日にベトナムからバンコクのスワンナプーム国際空港に到着した際に入国を拒否され、留置施設に一時収容された。ハンレイさんはミャンマー当局から逮捕状を出されている。

ハンレイさんは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などと連絡を取り支援を要請し、現在は同空港の国際線ラウンジにいるという。タイ当局はハンレイさんが逮捕・拘束されたとする報道を否定。国外へ出発する手続き中と説明している。

ハンレイさんは21年3月にバンコクで開催した「ミス・グランド・インターナショナル」の舞台で、「ミャンマーを助けてください」とスピーチして話題を呼んだ。ミスコンテスト後は主にタイに滞在しており、ベトナムには査証(ビザ)を更新するために渡航したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン