/

この記事は会員限定です

タイ親軍政権、逆風強まる 首都知事に元タクシン派

国政与党、都議会選でも惨敗

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】タイで軍政の流れをくむプラユット政権への逆風が強まっている。22日に投開票された首都バンコクの知事選で、タクシン元首相派の野党「タイ貢献党」に近い候補が、軍政下で任命された前職らを大差で破った。親軍与党「国民国家の力党」は同時に実施したバンコクの議会選挙でも惨敗した。

バンコク知事選は2014年の軍事クーデター後に凍結され、約9年ぶりの実施となった。タイでは23年春までに国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン