/

この記事は会員限定です

東南アジア、動画配信で米中激突 低価格や現地制作

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ】米中の動画配信大手が東南アジアで陣取り合戦を繰り広げている。中国の騰訊控股(テンセント)は市場シェア2位を目指し、アジアならではのコンテンツで攻勢を強める。後発の米ディズニーは割安プランを投入し先発組を猛追。首位ネットフリックスもシェア堅持を狙う。6億人の成長市場を制そうと、米中の巨人はしのぎを削っている。

「今後3年で東南アジアの動画配信でシェア2位を目指す」。テンセント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン