/

この記事は会員限定です

ミャンマー政変3カ月 強権国軍、民主化断ち切る

[有料会員限定]

ミャンマー国軍によるクーデターの発生から1日で3カ月を迎えた。事態収拾を焦る国軍は市民への武力弾圧を続けており、犠牲者は750人を超えた。民主派は国軍に対抗して臨時政府を立ち上げ、2つの「政府」が並立する。統治の機能不全に陥れば、地域の安定や発展に多大な影響を及ぼす。

「私たちは挙国一致政府(NUG)を支持する」。4月17日、最大都市ヤンゴンで市民らが横断幕を掲げて行進した。NUGは国軍によって拘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2771文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン