/

タイホテル大手マイナー、ポルトガルの2ホテル売却

マイナーはポルトガルのホテルを売却

【バンコク=岸本まりみ】タイホテル大手のマイナー・インターナショナルは21日、ポルトガルの2つのホテルを1億4800万ユーロ(約191億円)で売却したと発表した。売却後もマイナーが傘下企業を通じ運営を担う。各国の新型コロナウイルス対策の渡航制限でホテル事業が打撃を受ける中、売却で当面の資金を確保する。

売却するのはポルトガルで展開する高級ホテルブランド「チボリ」の2拠点。スペインを拠点とする不動産投資会社が運用するファンド、アゾラ・ヨーロピアン・ホテル&ロッジングに売り渡すと同時に、最低20年間、最長で30年間の運営契約を結ぶ。

マイナーは6月にも傘下のスペインのホテルを売却しつつ運営を引き続き担う、「セール&リースバック」と呼ばれる契約を結んでいた。ディリップ・ラジャカリア最高経営責任者(CEO)は同取引が「全体の収益をさらに高める」と説明した。

一方、アゾラ幹部は「欧州の観光やホテル産業は新型コロナ後、力強い回復が見込まれる」とし、今後もホテルの買収を進める考えを示した。

マイナーは世界55カ国に520カ所以上のホテルやサービスアパートメントを展開するホテル大手。新型コロナ禍で大きな打撃を受けており、2020年12月期決算の最終損益は214億バーツの赤字(約715億円、前の期は106億バーツの黒字)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン