/

バンコク、在宅勤務を要請 年末年始行事も中止

【バンコク=村松洋兵】タイの首都バンコクの保健当局は20日、隣接県で新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受け、バンコク内の事業所に2週間の在宅勤務を要請した。年末年始の行事も中止を求める。

集団感染が発生した水産市場は閉鎖された(20日、タイ中部サムットサコーン県)=AP

集団感染はバンコク南西のサムットサコーン県の水産市場で起き、20日までの数日間で700人近い感染者を確認した。バンコクでも同市場を訪れた2人から感染が見つかった。バンコクでの感染者数はまだ少ないが、早めに防疫策を講じる。

タイはこれまで感染を比較的抑制してきたが、20日に国内で新たに確認された感染者は576人で、1日当たりの最多を記録した。累計感染者は4907人となり、1日だけで1割強増えた。新規感染者は主に水産市場で働く外国人労働者から見つかっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン