/

タイ、入国の事前申請不要に マスク着用義務も終了へ

【バンコク=村松洋兵】タイ政府は17日、入国する外国人に求めている事前申請手続きと保険加入を7月1日から免除する方針を決めた。入国時に新型コロナウイルスのワクチン接種証明書か陰性証明書を提示すればよいようにする。実施日は未定だが、マスクの着用義務をなくす指針も承認した。

入国を希望する外国人は現在、オンラインで事前にワクチン接種証明書などを提出して許可を受ける必要がある。7月1日から事前の審査を廃止し、入国時に確認する方式に改める。コロナの治療費を賄うための保険への加入も不要にする。

新たに承認したマスクに関する指針では、屋外など換気のよい場所で、他の人と距離を取っていれば着用しなくてもよいとした。市場や公共交通機関など混雑する場所では着用を推奨する。実施日は官報で公示する。

タイは観光業の低迷で経済回復が遅れている。コロナ規制の緩和により、外国人観光客の増加につなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン