/

エアアジア、タイで料理宅配開始 ゴジェックから買収で

【バンコク=岸本まりみ】マレーシアの格安航空(LCC)大手、エアアジア・グループは17日、タイで料理宅配サービスを始めたと発表した。7月にインドネシアの配車大手ゴジェックのタイ事業を買収した。ゴジェックが同国で手掛ける配車や電子決済、宅配などのサービスを引き継ぐ方針を示していた。

サービスの名称は「エアアジア・フード」。まずは首都バンコクの4地区でサービスを始め、今後数週間でサービス地域の拡大を目指す。

タイの料理宅配市場では、シンガポールの配車大手グラブが手掛ける「グラブフード」やLINEの「ラインマン」、専業の「フードパンダ」などが先行している。

後発となるエアアジアは無料配達や割引キャンペーンなどを展開し、利用者の獲得を急ぐ。さらに10月末まで飲食店が支払う手数料を5%に抑え、加盟するレストランも増やしたい考えだ。

エアアジアはすでにシンガポールとマレーシアで料理宅配サービスなどを展開している。今後はタイでもスーパーの買い物代行などサービスを広げていく計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン