/

この記事は会員限定です

タイ製糖最大手、バイオプラ参入 丸紅と協業

ミトポン、サトウキビなど転用 原料調達で強み

[有料会員限定]

アジア最大の製糖会社であるタイのミトポンが、サトウキビやでんぷんを原料にしたバイオプラスチック事業に参入する。まず丸紅と組んで年内にレジ袋などの素材となる製品を生産・販売する。製糖などに使う原料を転用でき、コスト競争力を発揮できるとみている。砂糖は健康志向で需要の伸びが鈍化している。環境対策で市場拡大が見込まれるバイオプラを構造改革の柱に据える。

ミトポンは世界で上位5位に入る製糖会社で、タイの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン