/

この記事は会員限定です

社会変革、王室まで標的 タイ反体制デモ終息みえず

2020年 衝突の残像②

(更新) [有料会員限定]

「不敬罪廃止は王室改革の第一歩だ」。タイの憲法記念日と世界人権デーが重なった10日、バンコクで反体制デモに参加した若者らは国連ビル前で訴えた。タイでは王室や王族を侮辱すると不敬罪で摘発され、量刑は最長で禁錮15年だ。

警察は11月下旬以降、デモの指導者ら30人以上に不敬罪で出頭を命じた。同罪は2016年に即位したワチラロンコン国王の意向で2年以上、適用が控えられてきたとされる。

バンコクでは10月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン