/

タイ、王室改革要求「違憲」に抗議デモ 独大使館へ行進

【バンコク=村松洋兵】タイの首都バンコクで14日、同国の憲法裁判所が王室改革を求める運動を憲法違反とする判決を下したことに抗議するデモが行われた。デモ隊はワチラロンコン国王が渡航中とみられるドイツの在タイ大使館まで行進した。王室への侮辱を罰する不敬罪の廃止や拘束者の解放を改めて要求した。

デモ隊はドイツ大使館の館員に民主主義の後退を危惧する声明を手渡した。ドイツ紙ビルトによると、ワチラロンコン国王は8日にドイツに入国し滞在中という。国王はドイツで過ごす時間が長いとされるが、王室改革を求めるデモが盛んになった2020年10月以降はタイにとどまっていた。

憲法裁判所は10日、王室改革を主張したデモ隊の学生リーダーら3人に対して、国王を元首とする立憲君主制の転覆を企てたと認定し、憲法違反であるとの判決を出した。そのうえでデモ隊に王室改革を求める行為の禁止を命じた。

違反者は最高刑が死刑である国家反逆罪で訴追される可能性がある。一部野党が求めている国会での不敬罪改正の議論にも影響を及ぼすとみられている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン