/

タイで反体制デモと警察が衝突、20人以上負傷

警察官の間に横たわるデモ隊の医療ボランティア(13日、バンコク)=ロイター

【バンコク=村松洋兵】タイの首都バンコクの王宮前で13日夜、反体制デモ隊と警察が衝突し20人以上が負傷した。デモ隊は王室を侮辱したとして不敬罪で起訴され勾留中の4人の解放を求めた。要求に応じなければ20日に大規模デモを行うと通告した。

デモ隊は王宮に通じる道を警備していた警官隊にペンキや発煙筒のようなものを投げつけ、一時もみ合いになった。デモ隊の指導者がデモの終了を宣言した後も一部が抗議活動を続けたため、警察が強制排除し少なくとも7人を逮捕した。

デモ隊にペンキを投げつけられた警官隊(13日、バンコク)=AP

警察によるとデモ隊の投てきなどにより20人以上の警察官が負傷した。警察は強制排除の際に警棒などで殴りつけており、デモ隊側にも複数の負傷者が出た。

タイで2020年に活発になった反体制デモは不敬罪の撤廃など王室改革や、軍政の流れをくむプラユット政権の退陣を求めている。20年12月に国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、政府が集会を禁じたため、大規模デモは一時的に控えられてきた。

だが、検察当局が9日、デモ隊の中心人物を含む4人を不敬罪で起訴したため、街頭での抗議活動を再開した。これまでデモは平和的に行われることが多かったが、13日はデモ隊内部で統制が取れない場面もみられた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン